フリードリッヒ・ドレシャル

戻る
メニュー
bando
os

元ウィーン・フィル
チェロ首席奏者

os

1947年ウィーンに生まれる。7歳からチェロを学び始め、ウィーンの音楽大学にて、Frieda Litschauer-Krause 教授に師事。68年ウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーンフィルハーモニー管弦楽団に入団。74年より首席奏者を務める。ソリストとして、世界の一流オーケストラや指揮者と共演する他、ウィーン弦楽四重奏団、ウィーン八重奏団、アンサンブル・コントラプンクト等のメンバーとして活躍。また、指揮者として数多くのマスタークラスを開催している。

Contents Menu

2015.7.23 (Thu.) / 18:30 Start

os
メニューをとじる