データ案の送信
os
写真のデータは、印刷においては解像度がとても重要です。

写真データには撮影された解像度という数値があります。

画素数等は関係なく、解像度が印刷の時にはとても重要になっています。

os
解像度の比較

上記は解像度の違いによる印刷のシャープさの比較です。

印刷は原寸配置で350dpiがベストと言われています。 例えばウエブページから落としてきた画像は全て72dpiの低解像度です。これを大きく配置すると上記のようなぼけた感じになってしまいます。

擬似的に改造をあげたとしても、それは今のピクセルを同じ色で細かくするだけなので、撮影自体は綺麗にはなりません。

このように解像度が低い写真を大きく使う場合は、なるべく解像度の高いものをご用意ください。

写真によっては使用出来ないという場合もあります。

携帯などで小さく撮影したものを大きく使うとかは出来ません。(ぼけぼけでも良いと言うことでしたら使えますがオススメは出来ません)

それでは、解像度の低い写真は使えないのかというと、拡大は無理ですが、逆に縮小するなら使えます。

原寸配置で例えば、横が3センチだとしたなら、72dpiの低解像度でも大きさが5倍の15センチあれば縮小して使えます。

大体5倍が目安になります。

専門的なことなのでわかりにくいかもしれませんが、

ご自身がお持ちの写真で、組み込んで使いたい場合、写真しだいでは使えないという場合も出てくるということです。

もちろん、問題がある場合はメールにてご連絡いたします。

背景などに使いたいという場合は特に解像度が高くないと厳しいという感じですのでご注意ください。

os