見出し文字(動的)部品

文字を打ったり、文字を大きくしたり、太くしたり、色をつけたり ということはワードプレス自体のエディターで自由におこなえますのでここでは、ワードプレスのエディターでは作れない見出し部品を揃えています。


部品を配置後に背景や罫線などの色を編集してきます。文字の色や大きさなどは、ワードプレスのエディターで直接編集していきます。

見出し文字(動的な見出し)
動的な見出し文字001 あああああああああああああああああああああああああああああああああああ
「見出し01(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
動的な見出し文字002 あああああああああああああああああ
「見出し02(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
動的な見出し文字003 常にフワフワしている
「見出し03(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
動的な見出し文字004 見えると左右からスライド
左から中央へ飛び込む見出し文章2
右から中央へ飛び込む見出し文章3
左から中央へ飛び込む見出し文章4
「見出し04(動的)」編集解説
配置後にビジュアルエディターにして文字の色や大きさ文字の打ち直しなどを行います。
記述で
<div class="tx-hidarinr">動的な見出し文字004 見えると左右からスライド</div>
こちらが左から飛び込む1行です。
<div class="tx-miginr">左から中央へ飛び込む見出し文章2</div>
こたらが右から飛び込む1行です。
コピペで増やしたり削除して減らしたりしてください。
「見出し05(動的)」編集解説
配置後にビジュアルエディターにして文字の色や大きさ文字の打ち直しなどを行います。
記述で
<li class="slp">ううううううううう</li>
こちらが1行分です。
コピペで増やしたり削除して減らしたりしてください。
「見出し06(動的)」編集解説
配置後にビジュアルエディターにして文字の色や大きさ文字の打ち直しなどを行います。
記述で
<li>ううううううううう</li>
こちらが1行分です。
コピペで増やしたり削除して減らしたりしてください。

動的な見出し文字007 見えると左から出現

「見出し07(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
style="background-color:#ff70c4;height: 4px;"> この部分の background-color:#ff70c4 が文字の下の罫線の色になります。好きば色のコードに差し替えてください。
height: 4px この部分が罫線の太さです。 数字を差し替えてください。一番細い太さで 1 です。

動的な見出し文字008 見えると中央から出現

「見出し08(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
style="background-color:#14d600;height: 4px;"> この部分の background-color:#14d600 が文字の下の罫線の色になります。好きば色のコードに差し替えてください。
height: 4px この部分が罫線の太さです。 数字を差し替えてください。一番細い太さで 1 です。
「見出し09(動的)」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します
33

見出し文字010 スタート位置1番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

5

見出し文字010 スタート位置2番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

ポイント
3

見出し文字010 スタート位置3番 ああああああ

04

見出し文字010 スタート位置4番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

「見出し10(動的)」編集解説
まずは、部品を入れたいところに配置します。
アイコンの中の文字やタイトル文字はワードプレスのエディターで 文字の打ち直し、文字の色、文字の大きさなどを編集します。
アイコンないの文字に関しては、改行をする場合は「強制改行部品」を使って改行してください。(使い方は強制改行部品の解説を参照してください)
ワードプレスは通常の改行だとその場は良いけど後で開きなおすと勝手にワードプレスが調整を行うので、改行をしたい場合はどんな場面でも「強制改行部品」を使うと崩れません。

<div class="kaiten" style="background-color: #FFFFFF;"><img src="image/kaiten/en3-1.png" width="100%" height="100%" /></div>
こんな記述がコード内に見つかると思います。
#FFFFFF の部分がアイコン内の地色です。好きな色のコードに変えて色変えします。
3- 1 の部分が動くアイコンのスタート位置です。 複数設置する時に、全部同じ回転だと変なので、ここの1を 2 3 4 と変えてみてください 。(1 2 3 4 の4種類)回転のスタート位置が4種類あるので、ランダム感がでます。
33

見出し文字011 スタート位置1番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

7

見出し文字011 スタート位置2番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

ポイント
3

見出し文字011 スタート位置3番 ああああああ

ポイント
55

見出し文字011 スタート位置4番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

「見出し11(動的)」編集解説
まずは、部品を入れたいところに配置します。
アイコンの中の文字やタイトル文字はワードプレスのエディターで 文字の打ち直し、文字の色、文字の大きさなどを編集します。
アイコンないの文字に関しては、改行をする場合は「強制改行部品」を使って改行してください。(使い方は強制改行部品の解説を参照してください)
ワードプレスは通常の改行だとその場は良いけど後で開きなおすと勝手にワードプレスが調整を行うので、改行をしたい場合はどんな場面でも「強制改行部品」を使うと崩れません。

<div class="kaiten" style="background-color: #bf1c61;"><img src="image/kaiten/en1-1.png" width="100%" height="100%" /></div>
こんな記述がコード内に見つかると思います。
#bf1c61 の部分がアイコン内の地色です。好きな色のコードに変えて色変えします。
1- 1 の部分が動くアイコンのスタート位置です。 複数設置する時に、全部同じ回転だと変なので、ここの1を 2 3 4 と変えてみてください 。(1 2 3 4 の4種類)回転のスタート位置が4種類あるので、ランダム感がでます。
33

見出し文字012 スタート位置1番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

7

見出し文字012 スタート位置2番 ああああああああ

ポイント
3

見出し文字012 スタート位置3番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

ポイント
55

見出し文字012 スタート位置4番 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああます

「見出し12(動的)」編集解説
まずは、部品を入れたいところに配置します。
アイコンの中の文字やタイトル文字はワードプレスのエディターで 文字の打ち直し、文字の色、文字の大きさなどを編集します。
アイコンないの文字に関しては、改行をする場合は「強制改行部品」を使って改行してください。(使い方は強制改行部品の解説を参照してください)
ワードプレスは通常の改行だとその場は良いけど後で開きなおすと勝手にワードプレスが調整を行うので、改行をしたい場合はどんな場面でも「強制改行部品」を使うと崩れません。

<div class="kaiten" style="background-color: #ff7200;"><img src="image/kaiten/en2-1.png" width="100%" height="100%" /></div>
こんな記述がコード内に見つかると思います。
#ff7200 の部分がアイコン内の地色です。好きな色のコードに変えて色変えします。
2- 1 の部分が動くアイコンのスタート位置です。 複数設置する時に、全部同じ回転だと変なので、ここの1を 2 3 4 と変えてみてください 。(1 2 3 4 の4種類)回転のスタート位置が4種類あるので、ランダム感がでます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

os