タイトル付きフレーム 部品

タイトルエリアのついたフレームを並べました。


色変えがすべて自由なシンプルなものと

罫線に画像を使った一部色変えが可能なものがあります。

タイトル付きフレーム(全部の色を指定していけるフレーム)
「TF01フレーム」入れた色に白のグラデがかかる帯

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF01フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #3E613A;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #3E613A こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #3E613A; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF02フレーム」入れた色に白のグラデがかかる帯+ 角丸

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF02フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #3E613A;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #3E613A こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #3E613A; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF03フレーム」入れた色が黒になっていくグラデ帯

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF03フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #3E613A こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF04フレーム」入れた色が黒になっていくグラデ帯 + 角丸

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF04フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #3E613A こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF05フレーム」入れた色そのままの帯

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF05フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #589152 こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF06フレーム」入れた色そのままの帯 + 角丸

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF06フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #589152 こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF07フレーム」入れた色そのままでタイトル下に影

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF07フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #589152 こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
「TF08フレーム」入れた色そのままでタイトル下に影 + 角丸

タイトル帯の背景色と囲み罫線の色はタグで色変えができます。タイトル帯の文字は、大きさや、文字合わせ、縁、太さ、色、などの文字装飾はワードプレスのエディターで変えていきます。デフォルトは白抜きのセンター合わせです。

「TF08フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に style="border-color: #589152;background-color: #FFFFFF;  が見つかると思います。
border-colorが大外の囲み罫線で #589152 こちらが色です。 
background-color  が下地で #FFFFFF こちらが色です。
2行目に background-color: #589152; が見つかると想います。こちらが上部のタイトル帯の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF01フレーム  シルバー

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF01フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #e4e4e4 が見つかると思います。
#e4e4e4 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF02フレーム  ゴールド

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF02フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fff5d2 が見つかると思います。
#fff5d2 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF03フレーム レッド

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF03フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffd7dc が見つかると思います。
#ffd7dc こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF04フレーム  ピンク

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF04フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffd7fd が見つかると思います。
#ffd7fd こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF05フレーム パープル

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF05フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #f4d0ff が見つかると思います。
#f4d0ff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF06フレーム  ブルー

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF06フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d0ddff が見つかると思います。
#d0ddff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF07フレーム  アクア

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF07フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d0fffa が見つかると思います。
#d0fffa こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF08フレーム  グリーン

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF08フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d0ffd1 が見つかると思います。
#d0ffd1 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF09フレーム  イエロー

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF09フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fffed0 が見つかると思います。
#fffed0 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF10フレーム  オレンジ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF10フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffe4d0 が見つかると思います。
#ffe4d0 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF11フレーム  ブラウンあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「SF11フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #e7ded7 が見つかると思います。
#e7ded7 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #FFFFFF が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください

SF12フレーム  ブラック

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ft
「SF12フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #5d0526 が見つかると思います。
#5d0526 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

5行目に background-color: #333333 が見つかると想います。こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
1 AF01フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF01フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #e4e4e4 が見つかると思います。
#e4e4e4 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
2 AF02フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF02フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d9d0ac が見つかると思います。
#d9d0ac こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
3 AF03フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF03フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffbbd1 が見つかると思います。
#ffbbd1 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
4 AF04フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF04フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fed3ff が見つかると思います。
#fed3ff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
5 AF05フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF05フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #f8c8ff が見つかると思います。
#f8c8ff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
6 AF06フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF06フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #c8c9ff が見つかると思います。
#c8c9ff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
7 AF07フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF07フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #b1fbf1 が見つかると思います。
#b1fbf1 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
8 AF08フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF08フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #b1fbbf が見つかると思います。
#b1fbbf こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
9 AF09フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF09フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fbfab1 が見つかると思います。
#fbfab1 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
10 AF10フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF10フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fbe7b1 が見つかると思います。
#fbe7b1 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
11 AF011フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF11フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d1c5b8 が見つかると思います。
#d1c5b8 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
12 AF12フレーム あああああああああああ

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
「AF12フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #363636 が見つかると思います。
#363636 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #232323;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
wp01フレーム + ワッペン01

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
安心の 保証
「WP01フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #e4e4e4 が見つかると思います。
#e4e4e4 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp02フレーム + ワッペン02

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
人気
第3位
「WP02フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #fdeebc が見つかると思います。
#fdeebc こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp03フレーム + ワッペン03

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
第1位
「WP03フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffd8e5 が見つかると思います。
#ffd8e5 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp04フレーム + ワッペン04

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
商品の
特徴
「WP04フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffd8e5 が見つかると思います。
#ffd8e5 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp05フレーム + ワッペン05

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
特典
01
「WP05フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ebd8ff が見つかると思います。
#ebd8ff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp06フレーム + ワッペン06

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
お問い
合わせ
「WP08フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d8dcff が見つかると思います。
#d8dcff こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp07フレーム + ワッペン07

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
1年間
サポート
「WP07フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d8fff7 が見つかると思います。
#d8fff7 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp08フレーム + ワッペン08

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
サポート
プラン
「WP08フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #d8ffd8 が見つかると思います。
#d8ffd8 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp09フレーム + ワッペン09

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
安心の
全額保証
「WP09フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffe8fd が見つかると思います。
#ffe8fd こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp10フレーム + ワッペン10

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
充実の
サポート
「WP10フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #ffe3bb が見つかると思います。
#ffe3bb こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp11フレーム + ワッペン11

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft
9
「WP11フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #333333 が見つかると思います。
#333333 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
wp12フレーム + ワッペン12

上部帯と本文エリア背景の色は自由に設定して色を入れていけます。

フレームの色で部品を選択して配置後に、ワッペンを差し変えてワッペンの文字をうちなおします。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ft






ポイント
「WP12フレーム」編集解説
配置後に文字の打ち直しや文字の大きさ、色などをワードプレスのエディターで編集します。
部品記述の中の1行目に background-color: #333333 が見つかると思います。
#333333 こちらが上部のタイトル帯の色になります。 

真ん中あたりに style="background-color: #FFFFFF;" が見つかると想います。
こちらがコンテンツ部の背景の色になります。
色を変える場合は、#から始まる6桁の英数字 以外の記号などは削除しないように気をつけてください。
フレームの中に部品を組んでいくときは、
<!-- 内包部品ここから --><!-- 内包部品ここまで -->  この間に部品を配置して行ってください
ワッペン画像の差し替え、
記述内に <div class="wp-cont01"> が見つかると重います。 ワッペンはwp-cont01〜wp-con12 までの12種類で、wp-cont01の部分を02 や10 という感じで打ち変えてください
os