均等割 2分割エリア 部品

コンテンツ内に均等割で配置されるエリア部品です。


写真の均等割配置は、写真部品の方にありますので、ここではエリアの中に部品を配置して作っていくときに使用してください。

均等割 分割エリア- 二分割
os

二分割エリア-AD01

二分割のエリア部品です-四角く枠がつきます。
枠の太さと色は自由に変えていけます。この中に部品を組んでいきます。左右のエリアの高さは高い方に高さが調節されます。

いいいいい
いい
いい
os
「二分割-AD01」編集解説
配置後に罫線の太さと色を設定していきます。
部品記述の中に <!-- 左側の内包部品ここから --> <!-- 左側の内包部品ここまで -->  が見つかると想います。
左のエリア内に組んで聞く部品はこの中に組んでいってください。
<!-- 左側の内包部品ここから --> この記述のすぐ上に
border: 1px solid #188180; こんな記述が見つかると思います。 1px ここが左側の罫線の太さです。 2 や 3で太くなっていきます。
#188180 こちらは罫線の色です。#から始まる6桁の色のコードです。好きな色に調整してみてください。
囲み罫線をなくすには border: none; と打ち替えてください。

同じように右側の編集は、<!-- 右側の内包部品ここから --><!-- 右側の内包部品ここまで --> で左と同じように進めていきます。
枠の高さは、どちらか高い方に合わせてセットされます。
os

二分割エリア-AD02

二分割のエリア部品です-角丸の枠がつきます。
枠の太さと色は自由に変えていけます。この中に部品を組んでいきます。左右のエリアの高さは高い方に高さが調節されます。

いいいいい
いい
いい
os
「二分割-AD02」編集解説
配置後に罫線の太さと色を設定していきます。
部品記述の中に <!-- 左側の内包部品ここから --> <!-- 左側の内包部品ここまで -->  が見つかると想います。
左のエリア内に組んで聞く部品はこの中に組んでいってください。
<!-- 左側の内包部品ここから --> この記述のすぐ上に
border: 1px solid #188180; こんな記述が見つかると思います。 1px ここが左側の罫線の太さです。 2 や 3で太くなっていきます。
#188180 こちらは罫線の色です。#から始まる6桁の色のコードです。好きな色に調整してみてください。

同じように右側の編集は、<!-- 右側の内包部品ここから --><!-- 右側の内包部品ここまで --> で左と同じように進めていきます。
枠の高さは、どちらか高い方に合わせてセットされます。
os

二分割エリア-AD03

二分割のエリア部品です-四角い背景がそれぞれがつきます。背景の色は自由に変えていけます。この中に部品を組んでいきます。左右のエリアの高さは高い方に高さが調節されます。

いいいいい
いい
いい
os
「二分割-AD03」編集解説
配置後に罫線の太さと色を設定していきます。
部品記述の中に <!-- 左側の内包部品ここから --> <!-- 左側の内包部品ここまで -->  が見つかると想います。
左のエリア内に組んで聞く部品はこの中に組んでいってください。
<!-- 左側の内包部品ここから --> この記述のすぐ上に
background-color: #b8f0ef; こんな記述が見つかると思います。
#b8f0ef こちらは左側の背景の色です。#から始まる6桁の色のコードです。好きな色に調整してみてください。

同じように右側の編集は、<!-- 右側の内包部品ここから --><!-- 右側の内包部品ここまで --> で左と同じように進めていきます。
枠の高さは、どちらか高い方に合わせてセットされます。
os

二分割エリア-AD04

二分割のエリア部品です-角丸の背景がそれぞれがつきます。背景の色は自由に変えていけます。この中に部品を組んでいきます。左右のエリアの高さは高い方に高さが調節されます。

いいいいい
いい
いい
os
「二分割-AD04」編集解説
配置後に罫線の太さと色を設定していきます。
部品記述の中に <!-- 左側の内包部品ここから --> <!-- 左側の内包部品ここまで -->  が見つかると想います。
左のエリア内に組んで聞く部品はこの中に組んでいってください。
<!-- 左側の内包部品ここから --> この記述のすぐ上に
background-color: #ffcbf3; こんな記述が見つかると思います。
#ffcbf3 こちらは左側の背景の色です。#から始まる6桁の色のコードです。好きな色に調整してみてください。

同じように右側の編集は、<!-- 右側の内包部品ここから --><!-- 右側の内包部品ここまで --> で左と同じように進めていきます。
枠の高さは、どちらか高い方に合わせてセットされます。
os
os